【不動産売買】仲介手数料の早見表

仲介手数料の早見表になります。お家の購入時や売却時にかかる仲介手数料の目安にしてください。

目次

仲介手数料の早見表

(成約価格の3%+6万円)×消費税
買主様や売主様が通常支払う報酬額は上記の計算式になります。

売買価格と仲介手数料の一覧

(売買価格の3%+6万円)×消費税
売買価格からの仲介手数料の一覧です。一覧表に分かりやすくまとめました。

売買価格仲介手数料(税込)
500万円231,000円
1000万円396,000円
1500万円561,000円
2000万円726,000円
2500万円891,000円
3000万円1,056,000円
3500万円1,221,000円
4000万円1,386,000円
4500万円1,551,000円
5000万円1,716,000円
5500万円1,881,000円
6000万円2,046,000円
6500万円2,211,000円
7000万円2,376,000円
7500万円2,541,000円
8000万円2,706,000円
9000万円3,036,000円
1億円3,366,000円
※売買価格からの仲介手数料の上限額です

その他の費用

仲介手数料以外に、必ずかかる法的費用になります。

印紙代

売買契約書には、記載された売買金額に応じて決められている(印紙税法)収入印紙を貼りつけます。印紙代といえども売買金額によっては数万円単位になります。

不動産売買価格印紙代
500万円超~1000万円以下5,000円
1000万円超〜5000万円以下10,000円
5000万円超〜1億円以下30,000円
1億円超~5億円以下60,000円

登記費用

費用の目安:3万円~5万円

不動産売買時には、「抵当権抹消登記(住宅ローンがある場合)」と「所有権移転登記」を行わなければなりません。
登記とは、国が管理する登記簿にマンションの持ち主が誰か(権利関係)を明らかにするための手続きです。
一般的に司法書士が手続きを行い、手続きには「登録免許税」「司法書士依頼費用」などの費用がかかります。

■抵当権抹消登記
抵当権(住宅ローン)を消す手続き
■所有権移転登記
売主(A)から買主(B)へ所有権を移転させる手続き
■登録免許税
登記を変更する際(登録免許税法)にかかる税金
■司法書士依頼費用
司法書士へ払う報酬

なるほどと思ったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次